読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モチベーション・マネジメントに基づく仕事の効率化

こんばんは。はる蔵です。

前回、下の記事を書いてから、およそ1ヶ月が過ぎました。

 

haru-math.hatenadiary.jp

 

ライフログをつけて、時間を有効に使えているかどうかを知るという計画。

 

1. プロジェクト横断的な計画/ 実施
2. 月間・週間での達成度評価
3. 日々の todo/done の記録

といったものが少しずつ出来るようになってきましたので、この1ヶ月間の変化をまとめてみます。

 

 

まず、日々の記録。

* 12/22-12/30:自分の時間の無駄を自覚した

ひたすら正直に、上記のスプレッドシートに記入して、
自分の時間のムダを直視しました。

ネットサーフィンしている時間がこんなに長いのか!とか、
人生の50%近く寝ているんじゃないか?!という驚異的な事実に気づいたりとか。。。

やっぱり現実を知るって大事です。。。

→無駄をなくそう、記録を付けるのは大事だ、という自覚が芽生えました




* 12/31-1/10:年末年始でバタバタしていたら記録をつけるのを忘れた

 

スプレッドシートをホームボタンに追加する形で記録していましたが、


1. とにかく重い

2. 記録画面が時系列で一列に並んでいるだけなので、見た目が味気ない。

3. 集計しても割合は出るけれども、起床時間などリズムの乱れはすぐに可視化されない

4. 忙しいと個々の記録を付けるのが面倒(内容と時刻を編集しないといけないので)

といった理由から記録が滞っていました。そこで、

→記録しやすい形にする(アプリ作るのは時間が足りないので諦め)
→週など、適度な間隔で集計できるものにする
→楽しんで書けるものにする


と考えました。

 

どんな媒体であれば記録しやすいモチベーションが湧くか考えてみましたが、
やっぱり私の場合は手書きが一番楽しいみたいです。
電子媒体に文字を入力するとなんとなく実感が湧かないし、
あと、字を丁寧に書くのって楽しいし、スッキリするのです。

そこで、手帳に書き込むことに決めました。

 

* 1/11-1/17:Weekly の手帳に記録をつけ始めた

 

f:id:haru_negami:20161204110949j:plain

 

(実際この手帳には昨年10月から記録をつけていますが…。)
毎日の記録がつけやすいものを探して、上記の手帳を買いました。
1日1ページは書ける自信がなかったし、気楽に始めようと。
下の部分の記録欄はプロジェクトごとの進捗もかけそうだし、
薬のんだ、などの項目を整理して書ける。

どんなものを食べて、どんな風に過ごすと、どんな風に体調が改善するのか、
朝何時に起きて、どれくらいの活動時間でどれくらい疲労がたまるのか、
といったことを書き込んでいきました。

これは一週間が横に並んでいるので、
起床時間を書き込むだけで折れ線グラフのようになり、
可読性が一気に上がりました。

また、この手帳は四半期ごとの一覧ページもあるので、
四半期の目標を立てる/実現可能性を考える←→月の目標に落とし込む/目標を立てる

といったこともできそうです。

たとえば、少しずつ体力をつけたい場合、
一度疲れてダウンしても、長期的にみてダウンの間隔が長くなっていたりすればよいわけで、そういった長い目で見た成長を把握して、一喜一憂しないので良さそうだなと感じました。

前日無理をすると翌日に響く、とか、
どんなサプリを摂る/取らないと体調にどんな変化が起こるか、とか、
数日働きすぎるとダウンする、などといった、
中長期的な分析ができるようになりました。


そして、記録を付けることによって成長を実感でき、自信がついてきたので、次の目標が出来ました。

1. 毎日の仕事の進捗の記録をつけたい
2. 日々の働き方を改善したい
3. 個々の TODO を、都度考えるだけではなく、複数のプロジェクトのバランスを取れるようになりたい

どうするか? weekly に記録するのに加えて、

自信もついてきたので1日1ページの手帳を買って記録
→プロジェクトごとのデータ整理方法を考える

ということに挑戦しようと考えました。
プロジェクト間のバランスを取るには、まず仕事の進捗を把握しないと行けないわけで、そのために整理が必要だなと。


* 1/18-1/19:日々の進捗メモとプロジェクト間の調整を開始した

→プロジェクト一覧を書き出して手帳に貼る
→各プロジェクトごとにtodoを書き出し、実施する日付のページに貼る
→こなしたtodoやその他の仕事を記録
→複数のプロジェクトでバランスよく進められているか確認
→苦手な仕事が出来たときはガッツポーズして可愛いシールを貼る

 

個人的にはデルフォニクスのデイリー手帳が、
紙の書き心地やフォントが好みです。



f:id:haru_negami:20170120020240j:plain

 

まず付箋で、プロジェクト全体像と todo を書き出して把握、

各プロジェクトごとに Slack を立ち上げて、
カテゴリーごとに情報や todo を書き込んでいきます。
(情報やアイデアの整理のためです。)


そして前日のうちに翌日の計画を立てて、
一番上に、必ずこなしたい目標を書く。

大切な仕事を片付けられたら可愛いシールを貼る。

自分の性格上可愛いものが好きなので(汗)
恥ずかしげもなくシールを貼るとちょっとうれしいことが分かりました。笑

あとは、決めておいた todo を書き込んでいき、
プロジェクト一覧を見直して、終わっていないものをチェックして、実行。

ここには主に完了した勉強や仕事内容を書いて、
体調のパラメーターや成果のサマリーを weekly に書くようにしました。

こなした仕事を細かく書くことで、モチベーションも上がっていきました。

* 今後の目標

まずは Daily の記録を続けることが目標。

少しずつ、各プロジェクトの todo が全体感を持って把握できるようになってきたので、今度はプロジェクト間のバランスをとりながら仕事の見積もりをしながら daily の計画に落とし込んで行きたいなぁと思います。

* 振り返り

青字の部分がモチベーションに関する記載でした。

 

どんな媒体であれば記録しやすいモチベーションが湧くか考えてみましたが、
やっぱり私の場合は手書きが一番楽しいみたいです。
電子媒体に文字を入力するとなんとなく実感が湧かないし、
あと、字を丁寧に書くのって楽しいし、スッキリするのです。

1日1ページは書ける自信がなかったし、気楽に始めよう

 

長い目で見た成長を把握して、一喜一憂しない

 

記録を付けることによって成長を実感でき、自信がついてきた

 

紙の書き心地やフォントが好みです。

 

自分の性格上可愛いものが好きなので(汗)
恥ずかしげもなくシールを貼るとちょっとうれしいことが分かりました。笑


ふむふむ・・・。こういったところでやる気が出てくるのですね。

これを参考にしながら、自分に合わせた仕事の仕方を考えていきたいと思います。